儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

羽がなくてもいいよ 僕たちを飛ばすのはJETさ

キャンパスのお別れに約束してたの

本日、伝記で、作間から高校卒業のお知らせがありました。ご卒業おめでとうございます。作間担としてぺーぺーなわたしがこんなことを言うのはおこがましい気がしますが、それでもやっぱり作間が高校卒業と聞くと、なんだか感慨深くなってしまいます。

作間は伝記の中で、外見に年齢が追い付いてきた、というようなことを書いていましたが、わたし的には、少なくとも高校生の間については、年相応だったと思うのですよね。高校1年生の頃は、まだ幼く、何者でもないことが表れている無表情がよく見られて、それがたまらなく魅力的だったし、その後のどんどん子どもっぽさが失われていく姿も凄く凄く好きでした。最近のどんどん顔つきが大人っぽくなっていく作間も勿論かっこよくて好きですよ!(笑)そんな変化を進行形で見られたことは、本当に幸せだったんだなあと感じています。あの日16歳の作間のおたくになるぞ、と決めて良かったです。同時に、そんな大切な時期を見せてくれたことに感謝しています。あの頃、作間の未来が見られなかったら悲しい、17歳の作間を見せてほしいと強く思っていたけれど、やっぱりこうして「高校卒業しました」という報告が聞けて良かったです。戻って来てくれて、アイドルでいてくれてありがとう♡色々あったけれど作間担になったことを後悔したことは一度もありません。わたしにとって、作間を好きでいることが一番良い選択だったのだと思っています♡……というよりも、作間を好きでいる以外の選択肢は元からなかったのです。一時期は、○とか○○とかに降りれば?(一応伏せます、笑)と言われることがあったり、本気で悩んだりしたこともありましたが、どうしたって出来なくて、結局わたしは作間以外の子のおたくが出来ないのだと最近になってようやく気が付きました。おたくは理性では出来ないのですね……一生好きでいることは無理でも、今この瞬間だけでも、「一生」を誓えるくらいの気持ちで好きでいたいです。

作間が高校卒業について言及するまで毎日更新する!!と一昨日意気込んだばかりですが、それも本日で終了ですね。こちらが思っている以上にしっかりしている子だから(例えば、はだしょーの学年1位云々の時とか)、元々、案外早々にきっちりと卒業報告してきそうだなあ、という気持ちはありました。それに、なんとなく今日卒業報告がありそう!!と思っていたのですよ!!だから、まあ、こんな展開も想定内です、たぶん(笑)作間から卒業しましたという報告はありましたが、高校生最後の一か月を(わたしの中)で盛り上げるために、今月は出来る限り沢山更新していきたいと思います。

ところで、今日の伝記や雑誌のインタビューから察するに、大学進学はしないような気がしますが、その辺りはどうなのでしょうか……「大学生になってほしくないよおおおおおおおおおおおおおおおお大学生以上に汚い存在はないんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおでも大学生作間は絶対にかっこいいはず゜・*:.。..。.:*・゜実験レポートに追われてる作間を見たい゜・*:.。..。.:*・゜」という葛藤を抱えているので、作間がどんな進路を選んでも、わたしは地べたにごろごろ転がって唸り声を上げることになるでしょう。ですが、作間が選んだのならば、わたしはそれを応援することしかできないし、結局は本人が選んだ道がいちばんよきよかれだと思います。だから外野のわたしは何も言わないのが一番……ですが、もっと分かりやすく今後についてのお話があったら嬉しいな、という贅沢だけ言っておきます(笑)