儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

羽がなくてもいいよ 僕たちを飛ばすのはJETさ

ダイブだじゃれにはあえて触れません

作間の伝記が更新されました。

早くも髪がいつも通りに戻りつつあるという報告でしたが、あいらんどてぃーびーで薄々気づいていたのでそこまで衝撃はありませんでした。が、どうしてサイドが短いだけで何倍もかっこよく見えるのでしょうか?いつも同じ髪型だったからでしょうか、わたしは作間のちょっとした変化にも弱いのです。それこそ毎度毎度騒いでいるように、でこ出し一つで一喜一憂してしまいます。出来ることならそのままでいて、一生ナナセくんの髪型でいて……と思うほどでした。そんなわたしにとって今回の短髪作間はまさにコペルニクス的転回。今まで自分が信じていたものは何だったのだろうか、と頭を抱えるレベルです。わたしは普段、あまり、作間かっこいい!!!と騒ぐタイプではありません。ですが、今回ばかりは自分の中でこの気持ちを抑え込むことが出来ず「かっこいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」と叫びながら小躍りしております。「小躍り」とGoogle検索したら「とびあがらんほどに喜ぶこと」と出てきましたが、わたしの場合、比喩ではありません。本当に文字通り踊っているのです。そんなわたしを姉は「そんなに嬉しいの?よかったね……」と生暖かい目で見守っていました。体作りもどんどん進んでいるようでわくわくです。わくわく。作間担になってから、純粋にビジュアルだけに、こんなにも沸いているのは初めてです。しかもドラマのお仕事だからしばらくはこの髪型でいてくれる♡嬉しい♡かっこよすぎて本当に溺れてしまいそうなくらい好きな気持ちでいっぱいです……ううう。「極上の娯楽と、幸福感」与えてくれてありがとうございます♡