儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

羽がなくてもいいよ 僕たちを飛ばすのはJETさ

キャンパスのお別れに約束してたの

本日、伝記で、作間から高校卒業のお知らせがありました。ご卒業おめでとうございます。作間担としてぺーぺーなわたしがこんなことを言うのはおこがましい気がしますが、それでもやっぱり作間が高校卒業と聞くと、なんだか感慨深くなってしまいます。

作間は伝記の中で、外見に年齢が追い付いてきた、というようなことを書いていましたが、わたし的には、少なくとも高校生の間については、年相応だったと思うのですよね。高校1年生の頃は、まだ幼く、何者でもないことが表れている無表情がよく見られて、それがたまらなく魅力的だったし、その後のどんどん子どもっぽさが失われていく姿も凄く凄く好きでした。最近のどんどん顔つきが大人っぽくなっていく作間も勿論かっこよくて好きですよ!(笑)そんな変化を進行形で見られたことは、本当に幸せだったんだなあと感じています。あの日16歳の作間のおたくになるぞ、と決めて良かったです。同時に、そんな大切な時期を見せてくれたことに感謝しています。あの頃、作間の未来が見られなかったら悲しい、17歳の作間を見せてほしいと強く思っていたけれど、やっぱりこうして「高校卒業しました」という報告が聞けて良かったです。戻って来てくれて、アイドルでいてくれてありがとう♡色々あったけれど作間担になったことを後悔したことは一度もありません。わたしにとって、作間を好きでいることが一番良い選択だったのだと思っています♡……というよりも、作間を好きでいる以外の選択肢は元からなかったのです。一時期は、○とか○○とかに降りれば?(一応伏せます、笑)と言われることがあったり、本気で悩んだりしたこともありましたが、どうしたって出来なくて、結局わたしは作間以外の子のおたくが出来ないのだと最近になってようやく気が付きました。おたくは理性では出来ないのですね……一生好きでいることは無理でも、今この瞬間だけでも、「一生」を誓えるくらいの気持ちで好きでいたいです。

作間が高校卒業について言及するまで毎日更新する!!と一昨日意気込んだばかりですが、それも本日で終了ですね。こちらが思っている以上にしっかりしている子だから(例えば、はだしょーの学年1位云々の時とか)、元々、案外早々にきっちりと卒業報告してきそうだなあ、という気持ちはありました。それに、なんとなく今日卒業報告がありそう!!と思っていたのですよ!!だから、まあ、こんな展開も想定内です、たぶん(笑)作間から卒業しましたという報告はありましたが、高校生最後の一か月を(わたしの中)で盛り上げるために、今月は出来る限り沢山更新していきたいと思います。

ところで、今日の伝記や雑誌のインタビューから察するに、大学進学はしないような気がしますが、その辺りはどうなのでしょうか……「大学生になってほしくないよおおおおおおおおおおおおおおおお大学生以上に汚い存在はないんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおでも大学生作間は絶対にかっこいいはず゜・*:.。..。.:*・゜実験レポートに追われてる作間を見たい゜・*:.。..。.:*・゜」という葛藤を抱えているので、作間がどんな進路を選んでも、わたしは地べたにごろごろ転がって唸り声を上げることになるでしょう。ですが、作間が選んだのならば、わたしはそれを応援することしかできないし、結局は本人が選んだ道がいちばんよきよかれだと思います。だから外野のわたしは何も言わないのが一番……ですが、もっと分かりやすく今後についてのお話があったら嬉しいな、という贅沢だけ言っておきます(笑)

エンジェルベイビーキューピッド

今思えば、中学高校の中でいちばん好きだったのは、最後の試験が終わってから卒業式までの緩やかな空気だった気がします。

何故だか分かりませんが、あの数週間だけ、教室がいつもより暖かいのですよね。別に、普段とは何も変わらないはずなのに。どうして、そこでやるべきことが全てなくなってしまうと、ああ穏やかな気持ちになれるのでしょう?個人的に学校はあまり好きではなかったのでもう二度と戻りたくはないのですが、あの数週間だけなら戻っても良いかな……と思っていたりします。でも、戻ったところで、結局適当な理由つけて休んだりしそうだなーー……中学生でもアクセスできる自由な場所があることを知った今、あの頃のことを振り返ると、どうしてあの頃の自分はあんなにも不自由な場所で無駄に頑張っていたのだろう、と思ってしまいます。例えば、もっと別の場所にいたり、あるいは、そんなに頑張らなかったりしても、良かったんじゃないか……と。中学卒業から、もう結構な時間が経っているのにも関わらず、地元の人と会うとこんなことを未だに考えてしまいます。

さて、昨日から何故黒髪が良いのか?と思考をめぐらせています。理由は未だ見つかっておりません。多分理由なんてものは、本当は何処にも存在しないのかもしれません、が、暇なのでどうでもいいことを沢山考えたい。折角なので、思いついたもの全てを羅列してみます。

・変わらないことへの安心感。

・今まで黒髪以外の作間を見たことがないので黒髪が一番いいような気がしているだけ(ナナセくん前髪に対する考え方と同じ)。

・希少価値がある気がしてる(でも実際問題黒髪が似合うって凄いと思う)。

・みんなが髪を染めてしまうことへの反発。

・普通に黒髪の作間はかっこいい。

・単に黒髪の人が好きなだけ。

・作間が黒髪じゃなくなったら少し寂しい。

やっぱり大した理由は出てきませんでした。結局のところ、わたしにとって髪色なんてものはどうでもいいんだと思います。多分、作間が髪を染めたとて、亜人事件のようには発狂しないでしょう。髪をまだ染めていない子のおたくの特権である「髪染めないで芸」をやりたいだけなのです。ていうか、わたしがやってることは全部こういうことなんだと思います。適当にぎゃーぎゃー騒いで、でも最終的に、作間かっこいい♡素直にかっこいいって言えるわたしは幸せだな♡って感じたいだけなのです。正直言って、今のわたしにとって大切なのは、かっこいい作間がいてくれること、そして、それを見てかっこいいなーって思えることの二点だけなのです。これからも、かっこいいって言えるの幸せ♡と思うためだけに、どうでもいいことでぎゃーすか騒ぎたいと思います……

3月に

なりました。即ちこれは、作間が高校生でいられる期間が、もう1か月もないことを意味しています。

流石にもう、卒業なんて嫌だよおおおおおおおおおおおおお一生高校生でいてよおおおおおおおおおおおおおおおという気持ちはないのですが(1年くらい前はちょっとあった気がする)しかしながら、高校生のうちにやってほしかったことは山ほどあったので、少しだけ寂しいです。高校生のうちにスクールデイズ歌ってほしかったし、BESTみたいに制服衣装で歌ってほしかったし、舞台やコンサートも沢山出てほしかった!!でも、こんな状況ですから、仕方がないですね。あまり贅沢を言ってはいけません。でも、でもでも、17歳の作間を現場で見られなかったことについてだけは、文句を言っても良いですか……はあ。その一方で、制服!学校!夏!!という青春一直線なドラマに出てくれたのは、何度も言っていますが、とてもとても嬉しかったです。突っ込みたいことも沢山ありましたが、やっぱり野郎組は大好きな作品だし、ナナセくんはかっこよかった!♡今思えば、現役高校生の間に、青春ドラマに出てくれたのは、本当に幸せなことでした。それと、ずっと黒髪でいたことは、髪型に対して異常な拘りを持つわたしにとっては、ありがたいことでした。前髪(というかおでこが出てるか否か)だけ気にしていれば良かったのですから……春になれば校則もなくなりますが、果たしてどうなるのでしょうか……そんなに染めたくないですよ~的なことを言っていましたが、あれは「もうすぐ染めるかもしれないから覚悟しておけよ」という作間なりの優しさなのでしょう……わたしはその時、どうすれば良いのでしょうか……(でも案外かっこいいじゃーんってきゃっきゃしてそうな気もする)

……と、こんな風にわたしは作間の高校卒業に思いを馳せているのですが、作間自身はあまりそのことに対して言及する気はなさそうだな、と感じております。きっと次の伝記も花粉が辛い話をしてくるでしょう。そこで、作間の高校生最後の一か月間を、せめてわたし一人だけでも楽しむために、今日から作間が高校卒業について言及するまで(か、3月が終わるまで)毎日更新することにしました。何の意味があるのか?と聞かれたら、まあ、ないのですが(……)結局おたくは自分が楽しいかどうかだな、と最近改めて気が付いたのでやってみることにしました。前回みたいに執念を燃やしているわけではないのでたまに休んだりもしそうですが、高校生最後のひとときを楽しみたいと思います♡

ありがたドリームボーイズ

前回、今回と作間の前髪が良い感じだったのではいちゅーぶの感想を書くことにしました。何度も言っておりますが、わたしは前髪アリの方が好きです。ですが、今回のでこ出しはなんだかよく分からないけれどめちゃかっこよく見えます!!良きです!!とても良い!!!大人っぽくてきゅんです。服装も社会学系の大学生って感じで良いですね。学内ですれ違いたいです。それで、今すれ違った人かっこよかったなー♡っていう嬉しい気持ちのまま次の授業を受けたい!!!または、一般教養系の科目で一回だけ一緒にグループワークやって、「めっちゃかっこいい一年生の子と話せた♡なんだかいい日だな♡」って思いたいです。知り合いにならなくても良いから学内で見つけたい……今回の作間はそんな作間でした。

さて、肝心の内容ですが、わたしも作間がお兄ちゃんは、なんか、違う気がします……(笑)そもそも作間が年下ということもありますが、あのきゃぴきゃぴ感はやっぱり弟だと思うのですよ。弟というか、後輩というか、あまり関わりがない後輩というか……(結局さっき書いたすれ違いたい話になってしまう)。優斗くんの野球を押し付けてきそうも、少し分かる気がします。野球に限らず、自分が良いと思ったものをめちゃめちゃ薦めてきそうです。熱血っぽいから?そして「ありがたドリームボーイズ」という言葉が咄嗟に出てくる猪狩が好きです。ちなみに、わたし的お兄ちゃんにしたいランキングは、優斗くん(やっぱりハイハイ的哥哥♡という作間のお兄ちゃん枠?作間をおちょくっても最終的にごめん…となるのが優しいなあと思います)→猪狩(イキってるところが目立つけれど、家族を大切にしそう)→涼くん(休みの日にご飯作ってくれそう)→瑞稀(わたしが何かでいい成績を収めたら「俺はじゃにーずに選ばれた男だし!!!」って言い返してきそう、笑 瑞稀と弟のエピソードこれくらいしか知らない)→作間(お兄ちゃんなところがイメージできない!!!でも実際はお兄ちゃんだから不思議)の順です。ていうか最近のさらっと「涼」呼びをする優斗くんが謎です。個人的に、涼くんは同年代のジュニアの子たちのなかで一目置かれた存在というか、なんとなーく近寄りがたい人として扱われているイメージがあるのですよね。そんな中、突然「涼!!」と呼び捨て出来る優斗くんって、凄いというか、「人の懐に入れる」ってこういうことなんだろうなあと思いました……そして今ゆーちゅーぶを見返したら「涼」呼びしている人一覧のテロップが「橋本を涼と名前呼びできるTOP3」になっていたんですけど、この表記結構凄くないですか?名前呼び<できる><TOP3>ですよ?やっぱり下々の人間は呼び捨てできないのだ……と改めて思いました。きっとわたしは一生「涼」なんて呼べない!!だから、涼くんも学内ですれ違う枠……(結局すれ違いたい話)。でもはしもっちゃん呼びは出来そうなの何でだろう。あと、無人島ランキングで「こういう…態度」って言った作間は良いきゃぴきゃぴだった気がします♡それに対して必死でぎゃーすか反論してる優斗くんもきゃわいい(?)です。きゃわいいというか、こういう風にぎゃーすか反論してる優斗くんを見るのが好きなんだと思います……うるさい優斗くん好きです。わたしの中ではうるさくないと優斗くんではない!!くらいの認識です。そしてペットボトルをもらったらそのまま作間に流す猪狩と、ナチュラルにそれを開ける作間の関係性って一体何なのでしょう……ううう、わたしは二人の関係性がよく分かりません……一緒にスーパー行って「苺高いね~」って話したりする、みたいなことを前に言っていた気がするのですが、その辺りからずっとわたしは二人のことが分からないのです。ほのぼのしているけれど、それだけでは終わらないというか……dkにとってこの距離感は当たり前なのでしょうか?ちなみに、わたし的無人島行きたいランキングは涼くん(脱出計画立てて船作ったり魚取ったりしてくれそう)→作間(器用だし何でもやってくれそう)→優斗くん(ガッツでなんとかなりそう。多分死ぬことはない)→猪狩(いざというときに頼りになりそうだし絶対優しい)→瑞稀(猪狩も言っていたけれど、瑞稀を働かせるわけにはいかない!!と思ってしまいそう)です。出世しそうランキングも考えたのですがあまりまとまらなかったので、書かないでおきます……が、アイドル以外の瑞稀はやっぱり想像できません……(笑)

ダイブだじゃれにはあえて触れません

作間の伝記が更新されました。

早くも髪がいつも通りに戻りつつあるという報告でしたが、あいらんどてぃーびーで薄々気づいていたのでそこまで衝撃はありませんでした。が、どうしてサイドが短いだけで何倍もかっこよく見えるのでしょうか?いつも同じ髪型だったからでしょうか、わたしは作間のちょっとした変化にも弱いのです。それこそ毎度毎度騒いでいるように、でこ出し一つで一喜一憂してしまいます。出来ることならそのままでいて、一生ナナセくんの髪型でいて……と思うほどでした。そんなわたしにとって今回の短髪作間はまさにコペルニクス的転回。今まで自分が信じていたものは何だったのだろうか、と頭を抱えるレベルです。わたしは普段、あまり、作間かっこいい!!!と騒ぐタイプではありません。ですが、今回ばかりは自分の中でこの気持ちを抑え込むことが出来ず「かっこいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」と叫びながら小躍りしております。「小躍り」とGoogle検索したら「とびあがらんほどに喜ぶこと」と出てきましたが、わたしの場合、比喩ではありません。本当に文字通り踊っているのです。そんなわたしを姉は「そんなに嬉しいの?よかったね……」と生暖かい目で見守っていました。体作りもどんどん進んでいるようでわくわくです。わくわく。作間担になってから、純粋にビジュアルだけに、こんなにも沸いているのは初めてです。しかもドラマのお仕事だからしばらくはこの髪型でいてくれる♡嬉しい♡かっこよすぎて本当に溺れてしまいそうなくらい好きな気持ちでいっぱいです……ううう。「極上の娯楽と、幸福感」与えてくれてありがとうございます♡

この日記バイトの休憩中に書きました、そのくらい浮かれています

皆さん聞いてください!!作間がわたしに優しいのです!!!これは虚言でも妄言でもありません事実です!!!!!

まず、作間と瑞稀と優斗くんが小説「DIVE!!」の連続ドラマ版に出演することが決定しました。きゃあああうれしい!!♡ちなみに、わたしと同世代で、中学生の時、授業が暇で仕方がなかったために(授業が暇って何?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、世の中には授業中黙って座ってるだけで褒められる学校があるのですよ……)国語の資料集をひたすら読んでいた方は分かると思うのですが「現代の小説」とか「映像化された文学作品」とか、そんな感じの項目の所に載っている作品なのですよね。しかも、映画のキャプチャー付きで。これって、もしかしてもしかして3人が国語の資料集に載る可能性があるのでは……とかって思ったのですが、まあ現実問題(権利とか、映画>連ドラとか……)難しいでしょう。いや、でも夢見させてください!!夢だけ持ったっていいでしょ?ですよ!!!

で、これはとりあえず置いておきますが、あの、つまり作間が髪を切ったのってドラマのためってことですよね……ということは、短髪作間の映像がこの先永遠に残り続けるということですよね?これってもしかして、短髪作間サイコー!と言っていたわたしのためでしょうか?いや、ドラマのために髪を切ったのだからわたしの方が後出しでそれってつまりわたしが勝手に浮かれているだけ……とも思うのですが、わたしのためって思っていた方が幸せなのでそういうことにしておきます♡だから作間が優しい♡好きな人が優しかった~と思っておきます♡高校を卒業しても高校生役をやってくれる、ということで大学進学に関するあれこれへの不安もちょっとだけ薄まりました(笑)たぶん、わたしは、作間が制服を着てくれるんだったらなんでもいいんだと思います……しょうもなくてすみません……

2月11日

2月11日は作間が事務所に入所して8年の日でした。

作間は伝記で「この日は周囲の人に感謝する日だ」と言っていましたが、わたしにとっては、作間に感謝する日です。わたしが作間を見つけるまで、そして今日この日までアイドルでいてくれてありがとうございます。こんなことを書くのってわたしらしくない気がしますが(笑)書きたいなって思ったので書いてみました。

実を言うと、わたしは入所日が嫌いです。というのも、自分が新規であるということを突き付けられたような気持ちになるからです。普段は、歴なんて関係ない!!派なのですが、やはり、中学生、小学生の頃の作間を知らないというのは、わたしのなかでほんの少しコンプレックスになっているようです。好きになるきっかけやタイミングって人それぞれですし、それこそ、幼い時のにこにこ作間に出会っていたとしてもわたしは作間担にはなっていなかったでしょう(15歳~16歳の無表情作間がたまらなく好きで好きで、多分あの作間を見なかったらおたくにはなっていなかった、と思います)。こういう風に、わたしはあのタイミングでないといけなかったんだ!!といつもなら言えるのですが、何年アイドルやってきました、と数字で示されると、自分の歴の浅さに少し落ち込みます……しょうもない悩みですみません……でも中学生の作間はたまらんきゃわいいし、あの頃から好きでいたらもっと色々な場面に立ち会えていたのだろうなあ、とか、もっと堂々と好きでいられるのかなあ、とかって考えてしまうのです。考えても仕方がないことなのですけどね。いつになったらわたしは大声で作間担だぞーと言えるようになるのかしらん。でもこんなことを書けるくらいには、作間を好きと言える自信がついたのですよ……

明日は久しぶりに外出る予定なので(引きこもりがバレる)テレビ誌探してきます。なんてったって短髪作間が載っているのだから!!!短髪サイコーです。今までナナセくんがいちばん♡とか思っていましたが、短髪の世界を知らなかっただけなのです。真の天国は今ここにあるのです!!!!すぐに元通りになりそうな気がするので今この短髪期間を思う存分楽しみます。