儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

もう寝よう

昨日学校で普通に生活していたらいつもはなるべく頭に入れないようにしていた帝劇に関するあれこれの話を何故か耳にしてしまって地味に落ち込んだ……ので、なるべく自分の目に見えるもの、舞台の上でのこと、画面の中でのことしか信じないようにしようと決めた、のだけど、早速色んな情報に振り回されています…意志が弱い!!色々考えたのだけど、とにかく今は明後日涼くんが舞台上にいてくれたらそれだけでいいや、という気持ちです。勿論しずやも!あと、休んだ子の衣装を他の子が着たり、休んだ子はやむを得ず休んでしまっただけっていうのを遠回しに伝えてきてくれたりすることは幸せなことなんだなって気づいた。だってそれだけで「今はいないだけで怪我が治れば、体調が良くなればまた舞台に戻ってきてくれるんだな」って分かるから、っていうことをふと思った。何故このタイミングだったかは謎……いや、昨日学校で偶然聞いてしまった話のせいで頭がぐちゃぐちゃになってるのが原因っていうことは分かってる……分かってるけど偶然聞いてしまった会話が原因で混乱しているということを認めたくないよーーーー!!!あああ元気出そう寝よう!!