儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

羽がなくてもいいよ 僕たちを飛ばすのはJETさ

曖昧見えない誓い忘れた!

ある事がつまらないのは、即ちそれが禁制的対象ではないからだ。云い換えると、淫事を逸れているか、似而非淫事であることに依っている。大衆はしかし真相に面を合わすことを嫌っている。彼らはいつも「見せかけの淫事」以上には踏み出せない。

稲垣足穂稲垣足穂コレクション 5 少年愛の美学

今日、友達から現場ないのによく作間担降りないね……と言われたのですが、最近のわたしは寧ろ作間のおたくとしてのステップを何段階か上がったような気がします。伝記の言葉一つ一つが愛おしく、雑誌やテレビのビジュアルにいちいち萌えております。作間がかわいくてかっこよくて仕方ありません。とにかく、最近のわたしは作間にぞっこんなのです。

で、その理由について考えてみました。まず、最初の転機となったのは、1月頃に髪を切ったことだと思います。今までのどの髪型よりも短髪が似合っていて、飛び跳ねて喜んだのを覚えています。そのくらい衝撃的で、わたしの好みドストライクだったのです。ぼんやりとしたまま作間担としてふわふわやっていくんだろうなあ、と思っていた頭に弾丸を打ち込まれました。新たなる魅力と可能性に気付いてしまったのです。もう前のように「なんだかんだナナセくんの時のビジュアルが安定していて一番良いよなー」とは言えなくなりました。作間かっこいい、かっこいい……と一段上がったのはこれがきっかけだったと思います。

その次に衝撃的だったのが、ダイブに出演しますあいらんどてぃびーで、作間の体格が良くなっていると気が付いたことでした。正直に言うと、わたしは身体つきなんかはどうでもいいよ派で、作間の身長とか体型とかも気にしたことは一切ありませんでした(自分自身の身長とか体重に悩んだこともない。そのくらいどうでもいいのです)。でも、この時ばかりはときめきが抑えられなかったのです。自分でも理由は分からないのですが、どうしようもなくかっこいいと思ってしまったのです。同時に、こういう思いを抱くことに対する疑問もありました。身体つきがどーのこーのって、なんか、なんか、良いのか……?と思っていたわけです。しかし、自分の抱えている思いを隠すことは出来ても、取り消したり、誤魔化したりすることは出来ません。というわけで最近は開き直って「瑞稀と並ぶと対格差が分かってきゅん♡」などと申していたのです(ダイブ4話見てください)。

思えば、先のように思うことは、わたしにとって禁制的な行為だったのかもしれません。他の人にとっては些細なことかもしれませんが、わたしにとってはなかなか足を踏み入れ難い領域だったのです。だから、冷や冷やしながらもその中に入っていった、今この状況がこんなにも楽しいのかもしれません。

また、結局のところわたしは常に新しい作間を見たいのだなーということに気が付きました。短髪も体格も、とどのつまり、今までに見たことのない作間を見てひゃっほーいとなっているだけなのです。幼いのが好き、きゃぴきゃぴふわふわしているところが好き、と言いながらも、結局わたしは作間の成長を求めているのかもしれません。そして、そこで発見した新しい魅力には、今までわたしが自分自身に対し「触れてはいけない」と禁じていたものが混じっているはずなのです。今回はそれが含まれていたから、ハイ状態になったんだと思います。……何の話か自分でも分からなくなってきました。最近の作間すきすき状態(ヘリコの小夜さんすきすき~♡の節で読んでください)について自分で整理したかったという話です……