儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

ていうか!

最近の作間パフォ中もきゃぴきゃぴ感出してるからちょっと幼く(というか年相応に)見えると思うんですよね……昨日の音楽の日の順番に抜かれるところ、ちょーーうかわいかった、目がきゅるきゅるだった……作間の16歳期間が残りわずかと考えると辛くて辛くて仕方ないんですけど、幸い16歳の間にサマステ、ドリボと2か月連続で現場があるのでその麗しく儚い姿をこの目に焼き付けていきたいと思います。(ドリボのチケットは気合いで当てる)