儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

少年たち特典DVD感想(その88)

昨日の深夜ぎゃーすか騒いでおりましたが、ちゃんと朝起きられました。よかったーー!!そんなわけで以下少年たち特典DVD感想。

 

☆完成披露試写会
猪狩がかわいい゜・*:.。..。.:*・゜基本的にこのきらきらはかわいすぎてもうどうしようもできない!!!胸が苦しい!!!はあああああああああああああというときにしかつけないんですけど、つまりこれをつけているということはそういうことなのです゜・*:.。..。.:*・゜猪狩がかわいくて本当にどうかしそう゜・*:.。..。.:*・゜もともとピンクマッシュ(猪狩いわく本当は紫らしいんですけど)の猪狩がめちゃめちゃに好きなんですけど、それにプラスしてベレー帽、ベビゴン衣装って……本当にきゃわすぎてぶっ倒れそうです……はあああああああああああああああああああああああああああああかわいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
わたしは指ぬきグローブが凄く凄く好きで、というのも現実の男の子っぽくないところにたまらなくきゅんとなってしまうからなんですけど、それゆえ猪狩のベビゴン衣装にはときめきがとまらないのです……やっぱりアイドルにはフィクションを求めたい!!ピンクマッシュが好きな理由も結局それな気がします。そして上着がちょっとだけだぼだぼなのもかわいい♡勇100のときに上着が肩から落ちてるのもきゃわ!これとほとんど同じビジュの少クラベビゴンがあるはずなんですけど、もちろんその猪狩もすきです♡
作間は、ちょっとだけ幼い気がします……その時々で、あどけない表情、年相応な言動を見つけてはきゃっきゃしてきたつもりだったけれど、こうやって数か月前の映像を改めて見ると、その時よりも幼さを強く感じるから不思議だなと思います。気付かないうちに大人になっているということが、嬉しいような寂しいような……「17歳の作間にもきっとときめけるはず」と強がってきたけれど、結局のところわたしの16歳コンプレックスは解消されていないのだと思います。ていうかこの16歳コンプレックスってどこから生まれたものなのだろう……

 

☆実演
勇100の青木さんがすごくかわいい……第二の嶺亜と思っているのわたしだけじゃないはず。
そしてハイジェなんですけどなんですけどわたしの好きなハイハイジェッツすぎて……はああああああああああああああああああああああああああああああああまず、昨日も書いたんですけどこのくらいの時の瑞稀のビジュが好きなんです!!茶髪でサラサラストレートなのが中性的でたまらんのですよ!!!涼くんのちょっと長めで外はね~という髪型もめちゃかっこいい!♡わたしは00年代のjkカルチャーが好きで、それゆえ茶髪!縮毛矯正!!みたいな髪型も結構憧れなんですけど、このはしみずからはそれと似たものを感じました!(笑)猪狩はやっぱりピンクマッシュ+ベレー帽という最強な組み合わせで歓喜♡(笑)そして指ぬきグローブ担当は優斗くんなんですけど、ううむ猪狩ほどそそられないのは何故……?(笑)いやもちろん優斗くんもめちゃかっこいいのだけど、でも、わたしの中で優斗くんは指ぬきグローブ担当じゃないんだと思います(笑)しかしながら優斗くんってやっぱり顔綺麗だなーー……
そして本題なんですけど、あのあのあのみなみなサマー最初のハイハイジェ!ハイハイジェ!のところの優斗くんと作間がめちゃきゃわなんですけどどどどど!!!!!振り忘れてる優斗くんももちろんきゃわなんですけど、それを見てにやにや?にたにた?してる作間もまたきゃわ!二人で笑い合ってるあの温かい空気感が凄く凄く好き……ずっとずっと見ていたい……わたしが知らない間にもこの子たちは数えきれないほどそういう瞬間を経験してきているのだろうけれど、でもわたしにとってみたらそういう瞬間を発見することが何よりも幸せだったりするのです。
あと、街を飛び出そう~のところではしさくそやが回ってるところ、ローラー履いてないから新鮮!前に裸少のおまけ的なコーナーでそやさくがローラーなしの半おふざけ状態なハイジェ踊ってたことがあったんですけど、それもいつもと雰囲気違くてかっこよかったなーーとか思いだしたり……特に回るときってローラー履いてるか履いてないかで大きく変わると思うの!あと最後のスーパー作間タイムでこれもローラー履いてないから無駄にしゃかりきになっていたのかわいかったな!(笑)げらげら笑ってる涼くん含めて好きです♡

 

色々あったけど、やっぱりわたしは作間のことも、ハイハイジェッツのことも好きなんだと改めて思いました……何故か分からないけれど、5人のハイハイの映像を見れば見るほど2人が活動自粛中だということを忘れてしまいそうになるし、誰かに「戻ってくるはずないじゃん」と言われるたびに戻ってくるような気がしてくる。結局のところ、わたしがそう思いたいだけなのだろうな……でも少年たちDVD発売は久しぶりにおたく関係でテンション上がったからよかった♡また今度本編の感想も書こう……

次回、16歳コンプレックスの崩壊(かもしれない)