儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

その33

真夏の少年については結局一切書いておりません……

昨日姉が昔のみょーじょーのデータカードをくれました。その中に涼くんのもあったんですけど、家にローラースケートがあったから始めてみたよ!的なことが書いてあってローラースケートが家にあるってその時点でアイドル度高すぎだろ!!?と思わず突っ込んでしまいました。そして家にあったからという理由でローラー履き始める涼くんかわいい……そんな小学生?中学生?がいるってファンファンタジー