儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

その59

いまだに作間に対して好きだと思ってること、戻ってきてほしいと願っていること、自分でも少しだけびっくりしている。というか、自分が一番驚いている気がする……9月は「おたくなんぞやめてやるーー!!」くらいの気持ちだったのにな……年が明けたらまたがらっと変わっているのだろうか。想像できない……とりあえずもう寝ます……