儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

野郎組感想

色々書けてないもの多すぎて何から手を付ければいいのか自分でもわからなくなってきていますが、とりあえず野郎組第5話感想。

今回は五島くん回!のはずなのですが、個人的にはもうナナセくんとロクちゃんにしか目がいきませんでした……はあああああロクちゃんなんだか切ないよ!!!ドラム叩いてるナナセくんを見つめてるところめっちゃ青春って感じがして好きです……ていうかナナセくんがドラム担当っていうのが、個人的にめちゃときめきなのですが!!!なんというか、五島くんの「機材をもっと大事に扱え!!」とか含めて、自分の高校時代と重なりました……(笑)少しだけ懐かしい気持ちです。

さて、本日はついにロクナナ回こと第6話……今から緊張なのですが……これは個人的な意見なんですけど、ロクちゃんのナナセくんに対する恋心をBLとか勘違いだったとか、そういう風に終わらせてほしくないんですよね。こういう話題ってセンシティブだから、きちんと丁寧に最後まで描いてほしいんです。前にも書いたように、わたしはこの作品が後々思い出したときに「素敵なドラマだったよね」って言えるようなものになってほしいんです。だから、もやもやする要素を一つでも少なくしてほしいというか、「あの部分、現代的じゃないよね。ナンセンスだよね」みたいなところを出来るだけないようにしてほしいのです。なかなか難しいテーマだけれど、演じている作間や大昇もこのドラマをきっかけに何かこういうテーマについて考えるようなことがあればいいな。

そんなわけで第6話放送まであと30分……それまでにお風呂入ってテレビの前で待機したいと思います……ていうかナナセくんの元カノ他の高校ってことは中学時代に付き合ってたってことだよね!?じゃあ同中のロクちゃんもその子のこと知ってるってことじゃん……切なすぎるよ!!今から切ない!!第6話楽しみです!!