儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

パパママ一番 裸の少年 夏祭り!(8/21・17:00開演・EXシアター六本木)

 色々なことが巻き起こる中でしたがこの日もEXシアター行ってました……久しぶりの夜公演!終わったら雨が降っててびっくりしたけれど、EXシアター内の階段上ってるときにイルミネーション(って言っていいのかな)越しに窓から見えた景色がちょっとだけ綺麗で得した気分になりました。

 わたしは作間のことが好きです。その理由としては純粋にパフォーマンスが好きだということが真っ先にあるんですけど、でもこの日それ以上に「作間のファンになってよかった」と思うことがありました。おたく用のインスタに書いたり友達に話したりと、もう何度も何度も言語化してしまったから改めてここに書く気はないけれど、でもとにかく作間のファンになってよかったと思えたことがあったのです。アイドルを好きでいる理由として「人生が豊かになるから」と表現する人は一定数いるかと思われます。パフォーマンスを見て心を動かされたり、一つずつ前に進むような感覚に喜びを覚えたりといった場面でそういう風に感じる人が多いと思うんですけど、でも、「アイドルに背中を押された」という経験があってもいいし、それを理由にしてアイドルが好き、と言う人がいてもいいじゃん!ということを思いながらこの日は入場待機していました。

 そんなわけで以下感想。

 今回入って、まず感じたのは何かが違う……ということでした。MCが本調子じゃないとか、そういうこともあったんですけど、作間がなんか違かったというか……特にこれ!っていう決定的な言動があったわけじゃないんですけど、でも少しだけ前回入った時とは何かが違うような気がしたのです。うーん、朝から野郎組の撮影してたって言ってたし疲れてたのかな。あ、でもyesで地味にきゃぴってたのには少しだけ笑ってしまいました……でも階段降りてくるところはやっぱりかっこよかった!♡この曲って割と何考えてるのか分からないような表情してることがほとんどなんですけど、それでも階段のところは毎回毎回かっこいいなーと思ってしまうのだから、まあきっとわたしは単純な人間なのです……あとバンバカで涼くんが「みんなもバカになって!バカになって……まあバカになろうぜ~!♪」みたいな謎な煽りをしていたのがこの日だったのかこの翌日だったのかが思い出せない……(笑)

 だぁ~どらの一言はみんな「なに?」だったんですけど、作間だけチョキ作りながら「カニ」で、猪狩がその後真顔になって全然歌わなかったのがまさに「作間のジョークで会場凍る」でめちゃ笑いました(笑)でもわたしはあのカニ好きだったけどね!!!

 個人的に今回はぎるてぃがいちばん印象に残りました。これは多分V6のアルバム借りてスマホに音源入れたからだと思うけど……(笑)でも、やっぱりかつきと二人で歌うパートからの作間ソロがやっぱり声きれいでいいなあと思ったのです……

 MCではブログの話してた!「ブログやってる人いますかー?」って優斗くんが聞いたときに手を挙げたかったんですけど自重しました……(笑)ちょうど涼くんがメッシュを入れたということで髪色髪型の話になったり。作間にやってほしい髪色は?という話で金髪がいい!と言ったお客さんがいて、そこから作間に髪を染めてほしいかどうか挙手で聞くことに!紫ペンラは圧倒的に黒髪派だったんですけど(笑)わたし的には大学生になったタイミングとかで染めてほしいなー……金髪まではいかなくても透明感ある色とかやってみてほしいです……作間本人も「俺が髪染めたら客席が涙色で染まる」とか言ってたしやるつもりないのかな。でも他のメンバーが言ってたように作間は肌白いしふつーにかっこいいから髪染めても似合うと思うの!

 

 Eyes of the future前の挨拶で優斗くんが言っていたように、やっぱりエンターテイメントは皆とまではいかなくても一人でも多くの人を楽しませるものであってほしいし、少なくとも不安な気持ちというか、これって大丈夫なのかなっていう気持ちにさせられるようなものであってはほしくない。今回は思わぬところで見つかってしまった感もあるけど、でも正直言って冷や冷やさせられるような場面がないわけでもなかったからこの一件を機に色々良い方向に変わるといいなあ、なんて思ってます。