儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

野郎組感想

野郎組感想全然書いていなかったので3話と4話まとめて以下感想

 

☆3話
三村くん回は2話までとは打って変わって少し切ない王道青春ストーリーだったのが印象的でした。みんなでダーヤマと女の子のために頑張るところがお気に入りシーンです!と同時に野郎組の中でいちばんモテるのって実は三村くんなのでは?と思ったり。小柴くん演じるダーヤマに対して「お前は己の幸せが分かっていない…!!」「幸せな環境に身を置いていることへの怠慢……!!」みたいなノリで詰め寄っていくところが個人的にツボです(笑)ていうかうさちゃん着たがるナナセくんかわいすぎる……!!!!!!

☆4話
4話は四谷くん回!理想の女の子について話し合ってるときにアイちゃんのことを話す四谷くんに対して五島が「ありえね~w」みたいな態度取ってるんですけど、あの、女子と話せない病発症してる時点で同レベなのでは……?(笑)女の子からキレられて小さくなってる野郎組かわいい!(笑)そして下心丸出しでアニメ見る野郎組が3話の着ぐるみ事件に引き続きサイテーすぎて終始笑っておりました(笑)でも途中で普通におたくになってしまうあたり、マジカルアイドル近衛アイちゃんの凄さを感じます。ていうか!!なんとなくナナセくんから爽やかイケメン要素が抜け落ちて反対に作間要素が強くなってきてる気がするんですけど!!??ミックス打ってるところとか、四谷くんの女装にはぁはぁしてるところとか、割とふつーーに作間だったんですけど!!??(笑)果たして7話まで爽やかイケメンキャラは保たれているのだろうか。

 

5話は五島くんメイン回~!そしてロクナナ回こと第6話まであと1週間、ナナセ回こと第7話まであと2週間……緊張しながら待機したいと思います……