儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

めも

作間について色々考えるために本とか読まなきゃ!!って言ってたのに何も出来ていません……ううう思っていたよりも理系寄り文系大学生は忙しいみたいです……しかしながら夏休みくらいは時間あるだろうというわけで以下倒すものリスト。

・文芸の哲学的基礎(青空文庫にあるの嬉しい)

ヨブ記(一時期ハイは神様!みたいなこと考えるのにハマってたのでその反対ということでこれ。)

スーフィズム(調べれば調べるほど分からない。リア恋に関することを考えるときに使えるのでは!?というメモが残っていた)

カラマーゾフの兄弟(教会で話し合いしてうんにゃらかんにゃらのところまで読んだ!読み終わるのかこれ!?今のところ作間はアリョーシャっぽい気がする)

あと小学生の時にハルヒ好きでめちゃ読んでたんですけど驚愕の途中で止まってることを思い出したのでこっちも読む……ていうか普通に全部読みなおしたいな。

そんなわけでまずはテスト倒します……ううううがんばるぞい。優斗くんのドラマの感想とナナセくんかっこいい!♡話はまたかく。