儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

ジャニーさんの訃報を聞きました。

ジャニーさんって生涯に渡りいろんな形で子どもに手を差し伸べてたと思うんですけど、よくよく考えてみたらわたしもその手を握り返した一人だったのかなあ、なんてふと気づきました。幼いころからあの人の作る世界に魅せられ、惹かれ、背中を押されていたのだから、直接ではないにしろ、救われていた、と思うのです。

安井と同じで、わたしもジャニーさんの作る世界が大好きでした!東京をエンターテイメントの中心にするって何度も何度も言ってたけど、わたしにとって東京、有楽町はエンターテイメントの中心だよ。ありがとうございました!