儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

上手く言えないけどこうやってブログを書くということはわたしが考えていることや思っていることをきちんと自分自身で認識するために必要なプロセスなのであり、言葉はわたしの頭の中と結びついている記号なのかもしれないと思った。つまり何が言いたいのかと言うとブログを書くことによって最近ブログが書けなかった理由が分かったような気がするのです。でもその日記はまだ書き終わっていないので明日ちゃんと書き切ります。今日はもう遅いから寝る…