儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

十日目・高橋優斗くんと井上瑞稀くん

2人ずつ企画10回目、最後は優斗くんと瑞稀についてです。

割とこの2人以外について書くときは事前に、あれを書こう、これを書こう、と決めていたのですが、優斗くんと瑞稀については本当にノープランでここまで来ました……というのも今までの記事で、わたしが言いたかったことはほとんど書き尽くしてしまったのです。結局わたしがこの企画を通して書きたかったのは、その2人組がどれほどきゃわなのか、じゃなくて、ハイに対する個人的な願望だったんだと最終日になってようやく気付きました。でもそれも尽きたし、折角最後なのだからこの2人の好きなところ(とこの2人に対する願望と妄想)を目一杯書いていきたいと思います。

わたしは優斗くんと瑞稀のビジュアルが好きです。前に、猪狩作間のビジュアルが好きだという話をしたことがありますが、優斗くん瑞稀に対するそれは、また違うベクトルのものだと思います。わたしは基本的にジャニーズのおたくしかしたことがないのですが、女の子のアイドルもたまに曲を聴いてうふふ~となったり、かわいい自撮り写真を眺めてうっとりしたりするくらいには好きです。というか、女の子アイドルに対しては現場に行ったり深くその子について知ろうとしたりしなくても楽しめるんだと思います。ただかわいいビジュアルときらきらした曲だけで、わたしは十分幸せになれるんです。反対に男の子のアイドル、というかジャニーズはキャラクターやパフォーマンスがないとどうしても好きになれません……猪狩作間のビジュアルが好き!も多分二人の持つキャラクターとか、パフォーマンスをした時の見え方とか、そういうのを含んでの好きなんだと思います。でも、優斗くんと瑞稀に対しては女の子アイドルに対して持つ「好き」と同じ感情、似た感情を持つことが出来ると思うんですよね。正直、わたしは瑞稀と優斗くんに関しては、2人に関することを何も知らなくても好きだなあ、かわいいなあって感じられたと思うんです。いやだって白い肌と黒い髪(優斗くんも瑞稀もぜったいに黒髪の方がかわいいと思うのです…)きゅるるんとした瞳……これはもうときめく要素しかないじゃないですか!!確かに優斗くんは最近は大人っぽくなってきたけどやっぱりまだまだきゃわ要素抜けてないし、瑞稀は言わずもがないつだってきゃわだしいつかのときの少クラハイジェ(松松がセクセカで着てた黄色衣装着てたときのやつ)は透明感にびっくりしたし、黙ってにこっとして並んでたら実際ほぼ女の子みたいな感じじゃないですかーーあああきゃわだよなあほんとにきゃわだよなあ……それに瑞稀なんてハウプトハルモニーにいそうだし!!はかないからいと~おしく~いつくしむほど~か~がやく~だし!!!なんなら歌ってほしいし!!!……なんかまとまんなくなってきましたが、たぶん、2人のわたし的最高ビジュ(黒髪で透明感!!みたいな時)がわたしの理想の女の子像に近いんだと思います。だからビジュアルだけでときめくことが出来るんだと思います。

優斗くんも瑞稀も深く知れば知るほど好きになってきているから、女の子のアイドルももっとちゃんと知ればもっと好きになるのかな……でも今のところは瑞稀と優斗くんにきゃわ!と言っているのが楽しいので手は出さないでしょう……まとめると、瑞稀と優斗くんはきゃわ!