儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

卒論

2万1000字!!取りあえず最後まで書ききって明日ちょろちょろっと直したいな〜とか思ってる。ていうかなんでもっと計画的に進めなかったんだろーーーーいやまあ多分出せそうなのでいいですいや絶対出します絶対卒業してみせます。

かつきの通ってた学校の卒論は1万2000字という話を聞いて羨ましさで倒れそうです…