儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

橋本涼くん18歳のお誕生日おめでとう

橋本涼くんお誕生日おめでとう!18歳…えっじゅうはっさい……わたしも今年で18歳だから涼くんが18歳になるのも当たり前のことなのに18という数字に違和感を覚えるのはどうしてなんだろう。ぼんやりと10年前を知っているからなのか、それとも13歳から16歳の涼くんをほとんど見てきてなかったからなのか。うーん、どっちなんだろう……

17歳の涼くんといえば。わたしの中で一番に思い出されるのは今年の初めに放送された少クラの仮面舞踏会。みじゅきがプロ!!!藤井くんめっちゃ高橋海人に似てる!!!そして涼くんが死ぬほどかっこよくなってるーーー!!!と家中大騒ぎになったのを今でも覚えている…(笑)いやほんとあの時の涼くんめちゃめちゃかっこよくないですか!!??中3トリオ以降の涼くんをほぼほぼ知らなかったためその成長ぶりに我が家はみなぱたりと倒れてしまった…そしてそれから数か月が経ち涼くんはわたしにとって自担の後ろで踊ってた子から自担の身近な先輩となったのです…(笑)

飛貴くんに降りてからというものの涼くんを目にする機会が増えたけど「こんな子だったんだ」と気付くことが沢山あったな。やっぱり同年代の子と比べると貫禄あるなあとか、お勉強が苦手なんだろうなあとか(笑)実はしっかりしててハイハイの流れを作ったりもしてるんだなあとか。わたしの中の涼くんが小さい頃のままだったことが申し訳なく感じたし、それと同時にもっと早くちゃんと見ておけば良かったな、とも思った。

わたしにとって同い年のアイドルの子という存在は物凄くレアで。というのも(当たり前だけど)わたしがジャニーズを好きになったばかりの頃はわたしと同い年の子なんて全くいなくて。姉は96だから岸本だったり小瀧だったり沢山いた分「どうして00生まれは全然いないの!?」という気持ちが強かった。だからこそ、00生まれの中でも一番くらいに入所の早い涼くんはなんとなくわたしの中で特別な存在だし、その子が頑張っている姿をぼんやりでも良いから見届けたかったなあと思うのです……そしてこれは瑞稀にも言えることだったりします。しかし今ここでは瑞稀の話はしない!!折角だから明日(もう日付変わってしまったから今日…)色々かきます!