儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

僕らの愛で全部すぐデコレーションしよう

へいせいじゃんぷ結成11周年おめでとうーー!!!11年、早いね。というよりも10周年からもう丸1年経ったということが怖い……時の流れ早すぎ……

この1年は受け止めるのが大変なことが沢山あった、気がする。本当は圭人の留学っていうたった一つだけのはずなのにね。でもその圭人の留学を囲う円があまりにも大きすぎて、わたしは戸惑うしかなかった。報道に合わせて急遽撮ったんだろうなあっていう動画も、顔が死んでる山ちゃんも全部受け止めきれなかった。

でも、ツアーの最初の日。圭人が載せた9人の写真を見たら「やっぱりJUMPはどこまででもJUMPなんだなあ」って思えた。今にも泣きそうな圭人と、それを囲う笑顔の8人。勿論山ちゃんもこれでもかっていうくらいにこにこしてて、やっぱりそうだよねって思った。泣き虫な圭人の周りは笑ってなきゃだめだよね。今までもわたしたちの目に見えないところでそうやってここまでやって来たんでしょ。だからここまで素敵なグループになれたんでしょ。

たぶん、っていうか絶対わたしはこれからもJUMPのことが好きなんだろうなあって思う。これ前にも書いたけど「信じてきてくれたこと 当たり前ではないから」って本当にその通りだからね!?(笑)当たり前じゃないくらい長い間JUMPのことが好きで、だからこそ明日もその次の日もずっと好きなんだろうなって思える、のかなあ。これからもかわいくてかっこよくて温かくて、たまにズコー!なJUMPでいてください!(笑)

そしていつか9人で国立競技場に立ってくれますように。