儚いから愛おしく、慈しむほど輝く

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

2018-10-06から1日間の記事一覧

父のこと

わたしの父は20年前の秋葉原に生息するいにしえのおたくという雰囲気の人だ。取りあえず美少女が出てくるアニメを片っ端から視聴し鉄道模型の改造に日夜励む。日曜にはそれこそ秋月電子に赴き面白そうな部品を買ってきては色んなものを作っている。しかし、…